心に響く人を育てる言葉

教育に関する、考えさせられる深い名言は多くあります。どれも素晴らしいものであり、国や性別を問わず世界中に存在します。その中でも、私たちと同じ日本人で素晴らしい言葉を残した方がいらっしゃいます。それは、山本五十六です。山本五十六は、大日本帝国海軍軍人で、元帥海軍大将という肩書きを持つ日本を代表する提督です。彼の言葉に「やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば人は動かじ」という言葉があります。これは、自分が実際に手本を見せ、やり方を教えて聞かせ、やれたらほめてあげるという意味です。これは、教育の名言として知られているのではないかと思います。特に子育ての真っ最中のお母さん達には、覚えていて欲しい言葉でもあります。家事に育児に仕事にと毎日忙しいお母さん達は大変です。猫の手も借りたく、時間があっという間にすぎていきます。そんな中で子供に物事を教えるのは本当に大変な事ですが、子供に何かを教える時があれば、この言葉を思い出してもらいたいです。