教育者の名言は後世の人々にも影響を与える

故人が残した教育における名言と言うのは、現在の教師が発するよりも人の心に強い影響を与える事があります。言葉が与える効果とは、人格を現す内容として受け止められる事がありますが、現在の日本では、教師と生徒の間とは従来よりも距離が長く、人格として把握しづらい教師の発する言葉に重みが伝わり難い事が起き易くなります。視覚と聴覚に障害を持ち合わせていたヘランケラーの教育者として有名な、アン・サリバン先生は、ヘランケラーに様々な名言を与え、生きる力や希望を伝えていたと言われています。例えば、雲は手で掴む事は出来ないけども、感じる事は出来る物であり、愛は目に見えないけども感じる事が出来ると言う言葉も残しています。目に見えない内容に意識を配り、その事についても感じて考える事の大切さを残した名言です。日本の教育は、目に見える点数などに意識を配り過ぎる事もありますが、目に見えない人の心に対して意識を配り、他者を思いやる思いも大切と言えるでしょう。