くじけそうになった時に思い出してほしい言葉

 これは、教育に行き詰った時に考えさせられる名言です。「凡庸な教師は教える。良い教師は説明する。優秀な教師は例を示す。偉大な教師はインスピレーションを与える。」(ウィリアム・アーサー・ワード)。 この言葉は、普段から、どれくらい子供たちの事を考えているかという事を表している言葉です。教えるは一方的で、説明するは相手に伝えようとする事です。事例を挟む方がより理解しやすくなります。さらに、1教えることで10知るきっかけを作ってくれるような説明の仕方ができる教師は、一流の教師です。 ただ教えるだけではなく、授業時間を大事に使って、最短で知識として吸収できるように工夫する必要があります。また、子供たちの将来の選択肢を広げられるように、感性に働きかける事が、成長するためのエンジンとして必要になります。 最初から、これらの事ができる教師はいないと思います。何十年も経験して考えた末に到達できる域だと思います。でもこのような人になりたいと教師は思います。それは、すでにあなたがプロフェッショナルの心を持って、子供たちと接しているからです。

大阪市 税理士事務所
会社設立から融資・経営面の支援・節税など税務に関するあらゆるお悩みへと迅速に対応をいたします。

アーカイブ